配列(一次元/二次元)

一次元配列に取り込んだA1形式の列情報をRIC1形式に変更する【ExcelVBA】

パーツ化とは

ExcelVBAマクロ初級者からの脱却が、処理のパーツ化(プロシージャの分割)と考えています。
マクロを作る上で基本機能をパーツ化する事で、開発時間の削減に繋がります。
処理はパーツ単位で分ける事を心掛けましょう。

分かりやすく説明すると、エクセルの「関数」と同様です。
SUM関数であれば セル内に「=SUM(1+2+3)」と記載すれば、セルには「6」と表示されますよね。
値を渡せば正しい値で返ってくる動きです。

このコードをコピペでOK

'■A1形式の情報をR1C1形式に変更する
Public Function call_colConV_Array(tmp As Variant)
    Dim i As Long
    For i = LBound(arr) To UBound(tmp)
        If tmp(i) <> "" Then
            tmp(i) = Call_ColConv(tmp(i))
        End If
    Next i
    call_colConV_Array = tmp
End Function

人が見やすいのはA1形式ですが、VBAで扱いやすいのはR1C1形式です。
例)セルA1を表す時、「A1(A1形式)」「1.1(R1C1形式)」

上記をお好きなモジュール内にコピペしてください。
実際に使用する時は以下のような形で使用してください。

Public Sub sample()
    Dim arr As Variant
    ReDim arr(1 To 5)
    arr(1) = "a"
    arr(2) = "b"
    arr(3) = "c"
    arr(4) = "d"
    arr(5) = "e"
    
    arr = call_colConV_Array(arr)    
End Sub

結果イメージ

以下のようにR1C1形式に変換されます。
arr(1) = 1
arr(2) = 2
arr(3) = 3
arr(4) = 4
arr(5) = 5

注意点

  • 上記コードのみでは動きません。
    こちらのパーツ化されたコードも必要です。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました