配列操作

二次元配列の要素の合計値を求める【ExcelVBA】

二次元配列の要素の合計値を求めたい

二次元配列の要素を全て足したい(ExcelのSum関数の動き)ケースがあります。
VBAには全ての要素を足す専用の関数は用意されていないので、Excel関数(Sum関数)を使用します。

二次元配列の要素の合計値を求めるサンプルコード

'■2次元配列の要素の平均値を出すサンプルコード
Public Sub sample()

    Dim arr(1, 1) As Variant
    '■配列に値を代入する。
    arr(0, 0) = 5
    arr(0, 1) = 5
    arr(1, 0) = 5
    arr(1, 1) = 5

    '■WorkSheet関数のSumProductで合計値を出す。
    Debug.Print WorksheetFunction.Sum(arr)   '20

    '■二つの配列の合計値も求める事が可能。
    Dim tmp(2) As Variant
    tmp(0) = 5
    tmp(1) = 5
    tmp(2) = 5

    '■WorkSheet関数のSumで合計値を出す。
    Debug.Print WorksheetFunction.SumProduct(arr, tmp)  '35=20+15
End Sub

その他

  • VBAに関数が用意されていない場合は、Excel関数をWorksheetFunctionで使用してしまいましょう。
  • もちろんExcel関数を使用せずにFor~Loopで処理しても同様の動作です。
    (例)
    Dim i As Long, j As Long
    Dim num As Long: num = 0
    
    For i = LBound(arr, 1) To UBound(arr, 1)
        For j = LBound(arr, 2) To UBound(arr, 2)
            num = num + arr(i, j)
        Next j
    Next i

    Debug.Print num

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました