関数・メソッド

セルクリックした場合に処理を実行する【SelectionChange】【ExcelVBA】

構文

Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)

Target・・・ クリックしたセル位置をRange形式で取得
WorkSheet内のセルをシングルクリックした際に起動します。

Worksheet_SelectionChangeイベントのサンプルコード

標準モジュールではなく、WorkSheetモジュール(Microsoft_Excel_Objects_Sheet1_(Sheet1)等)に記載します。

Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
    
    '■どこのセルでも良い場合
    MsgBox "右クリックされました"

    '■特定セルで起動する場合(セルE10)
    If Target.Address = "$E$10" Then
        MsgBox "特定セル"
    End If
    '■特定セル範囲で起動する場合(セルのC4~E5)
    If Not Intersect(Target, Range("C4:E5")) Is Nothing Then
        MsgBox "特定セル範囲"
    End If
    
    '■特定列で起動する場合(B列(2列目)の場合)
    If Target.Column = 2 Then
        MsgBox "特定列"
    End If
    
    '■特定行で起動する場合(1行目の場合)
    If Target.Row = 1 Then
        MsgBox "特定行"
    End If
    
End Sub

注意点

  • 標準モジュール(Module1等)に記載しても動作しません。
  • 該当の処理をしたいWorkSheetモジュールに記載しましょう。
  • 例ではMsgboxで表示していますが、こちらをよく使うのは別プロシージャの呼び出しです。
    Callを使った他プロシージャの呼出、引数付きのSubプロシージャやFunctionプロシージャなどを呼び出しするケースが大半でしょう。

関連記事

特定のセル範囲で値が変更された時に処理を実行【ExcelVBA】
特定のセルがダブルクリックされた場合に処理を実行する【BeforeDoubleClick】【ExcelVBA】
特定のセルで右クリックした場合に処理を実行する【BeforeRightClick】【ExcelVBA】

コメント

タイトルとURLをコピーしました