VBATips

文字を残したままセル結合する【Merge】【エクセルマクロ】

パーツ化とは

ExcelVBAマクロ初級者からの脱却が、処理のパーツ化(プロシージャの分割)と考えています。
マクロを作る上で基本機能をパーツ化する事で、開発時間の削減に繋がります。
処理はパーツ単位で分ける事を心掛けましょう。

分かりやすく説明すると、エクセルの「関数」と同様です。
SUM関数であれば セル内に「=SUM(1+2+3)」と記載すれば、セルには「6」と表示されますよね。
値を渡せば正しい値で返ってくる動きです。

このコードをコピペでOK

'■ブックオープン時に実行
Sub auto_open()
    '■ショートカットキー: Ctrl + Shift + Q
    Application.OnKey "+^Q", "call_CellMerge"
End Sub

'■文字を残してセル結合
Public Function call_CellMerge()
    Dim str As String
    Dim cells As Range
    
    '■選択範囲をループ
    For Each cells In Selection
        '■初回の場合足すだけ、初回以降はstrに足していく
        If str = "" Then
            str = cells.Value
        Else
            str = str & vbLf & cells.Value
        End If
        cells.Value = ""
    Next
    Selection.Merge
    Selection.Value = str
End Function

使い方

Ctrl + Shift + Qで「文字を残してセル結合」させます。
エクセルのどの画面でも、キーボードショートカットで「文字を残してセル結合」が出来ます。

エクセルでセル結合や解除する場合、通常はマウス右クリック→「セルの書式設定」から「セル結合」をしているユーザーが大半だと思います。セル結合自体マクロ操作では思わぬ動作を引き起こす可能性がありますが、表作成等見栄えよくする場合などにはどうしても結合処理は欠かせません。本パーツを個人用マクロブック「PERSONAL.XLSB」に記載する事で使えます。

個人用マクロブックについて

通常、マクロはブック内にコードを記載して、そのマクロのみで使用します。
個人用マクロブックはエクセルさえ開いていれば、どのブックでもコード実行が出来ます。

保存先は、Excel起動用のフォルダです。
■フォルダ
C:\ユーザー\(アカウント名)\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\XLSTART
■ファイル名
PERSONAL.XLSB

PERSONAL.XLSBがない

個人用マクロブックはマクロの記録から作成が可能です。
マクロの記録からマクロの保存先を「個人用 マクロブック」にして保存してください。
■手順
新規ブックを作成し、メニューバーから「表示」→「マクロ」→「マクロの記録」

注意点

  • マクロ処理をする為、Undoは行えません。その為「Ctrl + z」で元に戻す(アンドゥ)処理は出来ません。
  • 個人用マクロブックでご紹介していますが、アドイン化も一つの手です。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました