関数・メソッド

指定した範囲の空白セルを選択/値を入れる【SpecialCellsメソッド】

指定した範囲の空白セルを選択/値を入れるコードサンプル

SpecialCellsメソッドを使用する事で、空白セルのアクティブ化、空白セルに値を代入する事が可能です。
Public Sub sample()
    
    '■エラーが出た行を無視する
   ' On Error Resume Next
    
    '■セルA1を含む表の空白セルのみ選択する
    Range("A1").CurrentRegion.SpecialCells(xlCellTypeBlanks).Select

    '■セルA1を含む表の空白セルの個数をカウントする
    Debug.Print Range("A1").CurrentRegion.SpecialCells(xlCellTypeBlanks).Count
    
    '■セルA1を含む表の空白セルのアドレスを表示する(空白セルを検索する)
    Debug.Print Range("A1").CurrentRegion.SpecialCells(xlCellTypeBlanks).Address
    
    
    '■セルA1:C5の空白セルのみ選択する
    Range("A1:C5").SpecialCells(xlCellTypeBlanks).Select
    
    '■セルA1:C5の空白セルに0を代入する
    Range("A1:C5").SpecialCells(xlCellTypeBlanks) = 0
    
    '■セルA1:C5の空白セルがある行を削除する
    Range("A1:C5").SpecialCells(xlCellTypeBlanks).EntireRow.Delete
    
End Sub



注意点

  • On Error Resume Nextを入れておかないと、以下エラーが発生する可能性があります。
    実行時エラー'1004': アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。
    実行時エラー'1004': 該当するセルが見つかりません。
  • 上記は該当するセルがなかった場合(空白セルがなかった場合)にエラーが発生してしまいます。 その為、On Error Resume Nextでエラーを無視する形で対応しています。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました