VBA開発

「ActiveSheetをタブ区切りのテキストで出力保存する」をパーツ化する。【VBAマクロ】

パーツ化とは

ExcelVBAマクロ初級者からの脱却が、処理のパーツ化(プロシージャの分割)と考えています。
マクロを作る上で基本機能をパーツ化する事で、開発時間の削減に繋がります。

分かりやすく説明すると、エクセルの「関数」と同様です。
SUM関数であれば セル内に「=SUM(1+2+3)」と記載すれば、セルには「6」と表示されますよね。
値を渡せば正しい値で返ってくる動きです。

このコードをコピペでOK

Sub auto_open()
    '■ショートカットキー: Ctrl + Shift + P
    Application.OnKey "+^P", "call_SaveCSV"
End Sub

'■現在開いているタブ区切りテキストデータで保存する
Public Function call_SaveTabTxt()
    Dim fPath As String
    Dim fName As String
    '■現在開いているシート情報を変数に格納
    fPath = ActiveWorkbook.Path & "\"
    fName = Left(ActiveWorkbook.Name, InStrRev(ActiveWorkbook.Name, ".")) & "txt"
    Application.DisplayAlerts = False
    
    '■新規ブック作成→Tab区切りテキスト保存→テキスト閉じる
    ActiveSheet.Copy
    ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=fPath & fName, FileFormat:=xlText
    ActiveWindow.Close
    Application.DisplayAlerts = True
End Function

使い方

Ctrl + Shift + Pで「現在表示しているアクティブシート」をタブ区切りテキストで保存します。
Pは好きなキーで問題ありません。
(Ctrl + cのような既にショートカットキーになっているものを除く)

Application.DisplayAlerts = Falseが存在する理由は、同名のファイルがあった場合に確認ポップアップを
表示させないためです。

個人用マクロブックについて

通常、マクロはブック内にコードを記載して、そのマクロのみで使用します。
個人用マクロブックはエクセルさえ開いていれば、どのブックでもコード実行が出来ます。

保存先は、Excel起動用のフォルダです。
■フォルダ
C:\ユーザー\(アカウント名)\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\XLSTART
■ファイル名
PERSONAL.XLSB

PERSONAL.XLSBがない

個人用マクロブックはマクロの記録から作成が可能です。
マクロの記録からマクロの保存先を「個人用 マクロブック」にして保存してください。
■手順
新規ブックを作成し、メニューバーから「表示」→「マクロ」→「マクロの記録」

注意点

  • 個人用マクロブックでご紹介していますが、アドイン化も一つの手です。
  • 保存先のファイルが既に存在してた場合は、強制的に上書きします。

似たような処理

「ActiveSheetをCSV出力して保存する」をパーツ化する。【ショートカットキー】【VBAマクロ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました