VBA開発

「タブ区切りテキストを、文字列形式で開く」をパーツ化する【VBAマクロ】

パーツ化とは

ExcelVBAマクロ初級者からの脱却が、処理のパーツ化(プロシージャの分割)と考えています。
マクロを作る上で基本機能をパーツ化する事で、開発時間の削減に繋がります。

分かりやすく説明すると、エクセルの「関数」と同様です。
SUM関数であれば セル内に「=SUM(1+2+3)」と記載すれば、セルには「6」と表示されますよね。
値を渡せば正しい値で返ってくる動きです。

このコードをコピペでOK

'■タブ区切りテキストを開く(文字列書式指定)
Public Function Call_TabTxtStringOpen()
    Dim FileName As String
    Dim i As Long
    Dim Cnt As Long
    Dim temp As Variant
    Dim FileNo As Integer
    Dim SplitString As Variant

    '■ファイル名入力
    FileName = Application.GetOpenFilename("テキストファイル,*.txt")
    If FileName = "False" Then
        Call_TabTxtStringOpen = False
        Exit Function
    End If

    '■新規ブック作成→書式を文字列にする
    Workbooks.Add
    Cells.Select
    Selection.NumberFormatLocal = "@"

    '■ファイル番号を取得(エラー回避の為必須)
    FileNo = FreeFile()
    temp = Space(FileLen(FileName))

    '■タブ(Tab)を配列を使用し分割→セル書き出し
    Open FileName For Input As #FileNo
    Do Until EOF(FileNo)
        Line Input #FileNo, temp
        Cnt = Cnt + 1
        SplitString = Split(temp, vbTab)
        For i = 0 To UBound(SplitString)
            Cells(Cnt, i + 1) = SplitString(i)
        Next i
    Loop

    Close #FileNo

End Function

使い方

上記をコピペでお好きなモジュール内に記載してください。

     '■以下コード実行後、タブ区切りのテキストファイルを選べば文字列で開いた状態で開く(Trueが戻る)
     '■                選んでなければ何も変わらない(Falseが戻る)
     MsgBox Call_TabTxtStringOpen

注意点

  • ダブルクォーテーション(”)で括られているテキストファイルも開けます。
    但し、ダブルクォーテーションが残るためReplaceメソッドで削除必要です。
  • カンマ区切りのテキストファイル、CSVファイルは開けません。
    その場合、こちらのページのパーツを使用してください。
  • 改行コードはCRLF(CR+LF)のみ対応しています。

どんな時に使える?

  • ネットショップからの売上データをダウンロードして、発注書を作成する。
    →型番などのデータでJANコードが指数表示になるとNG。
    その為、文字列形式で開きます。
  • POSレジシステムから出力された顧客CSVファイルをマクロで読込、DM用差し込み印刷データを作成する
    →電話番号データの先頭0が欠落してしまうとNG。
    その為、文字列形式で開きます。
単純に変換するだけであれば下記のフリーソフトもおすすめです。
CSV to Excel

コメント

タイトルとURLをコピーしました