ExcelVBA

「目次シート(各シートへのリンク)を作成する」処理をパーツ化する【ExcelVBA】

パーツ化とは

ExcelVBAマクロ初級者からの脱却が、処理のパーツ化(プロシージャの分割)と考えています。
マクロを作る上で基本機能をパーツ化する事で、開発時間の削減に繋がります。

分かりやすく説明すると、エクセルの「関数」と同様です。
SUM関数であれば セル内に「=SUM(1+2+3)」と記載すれば、セルには「6」と表示されますよね。
値を渡せば正しい値で返ってくる動きです。

このコードをコピペでOK

'■目次シートを作成(各シートへのハイパーリンクあり)
Public Function call_HeadingCreate()
    Const Mokuji As String = "目次"
    Dim ws As Worksheet
    
    '■シート「目次」があったら、削除
    For Each ws In Worksheets
        If ws.Name = Mokuji Then
            Application.DisplayAlerts = False
            ws.Delete
            Application.DisplayAlerts = True
            Exit For
        End If
    Next ws
    
    Set ws = ActiveWorkbook.ActiveSheet
    
    '■「目次」のワークシート追加(1番左に追加)
    Worksheets.Add Before:=Worksheets(1)
    ActiveSheet.Name = Mokuji
    
    '■左から2番目のシートから目次を作成
    Dim i
    For i = 2 To Worksheets.Count
    
            ws.Range("A1").Value = Mokuji 
        
            ws.Hyperlinks.Add anchor:=Range("A" & i), Address:="", _
            SubAddress:=Worksheets(i).Name & "!A1", _
            TextToDisplay:=Worksheets(i).Name
    Next
 
    ws.Select
End Function

上記をお好きなモジュール内にコピペしてください。
実際に使用する時は以下のような形で使用してください。

Sub test()
   ’■提出前にこのコードを実行して、目次シートを作成する
   Call call_HeadingCreate
End Sub

結果イメージ

最前面に表示されているブックの全てのシートへのリンク(セルA1へリンク)された目次シートを作成します。

関連記事

今回のマクロは、成果物としてエクセルファイルを提出する方たちに使用いただきたいです。
ページ数が多いと目次シートがあると便利です。これを人が作成するのは、無駄な時間やミスが発生する元です。

VBAで処理出来る事は、VBAに処理させる。これを徹底する事で日々の時間削減が可能です。
(自身のスキルアップにも繋がります)

また、下記のように社内ルールに合わせたマクロを作成しておくと、毎日の業務にミスがなくなります。
(実際には一つのマクロ内に埋め込んでしまえば一度に処理できてしまいますね。)

全てのシートの「全角カタカナ」を「半角カタカナ」に変換する処理をパーツ化する【エクセルマクロ】
全てのシートの「半角カタカナ」を「全角カタカナ」に変換する処理をパーツ化する【エクセルマクロ】
全シートのセル「フォント」「フォントサイズ」を統一する処理をパーツ化する【エクセルマクロ】
全てのシートの「英数字は半角」「カタカナは全角」に変換する処理をパーツ化する【エクセルマクロ】
全シートの空白スペースを「半角」or「全角」に統一する処理をパーツ化する【エクセルマクロ】

私は上記ルール統一や体裁を整えるものは一括して「個人用マクロブック」に保存しています。

その他

個人用マクロブックについて

通常、マクロはブック内にコードを記載して、そのマクロのみで使用します。
個人用マクロブックはエクセルさえ開いていれば、どのブックでもコード実行が出来ます。

保存先は、Excel起動用のフォルダです。
■フォルダ
C:\ユーザー\(アカウント名)\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\XLSTART
■ファイル名
PERSONAL.XLSB

PERSONAL.XLSBがない

個人用マクロブックはマクロの記録から作成が可能です。
マクロの記録からマクロの保存先を「個人用 マクロブック」にして保存してください。
■手順
新規ブックを作成し、メニューバーから「表示」→「マクロ」→「マクロの記録」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました