VBA開発

「全シートをシート名でCSV保存する処理」をパーツ化する。【エクセルマクロ】

パーツ化とは

ExcelVBAマクロ初級者からの脱却が、処理のパーツ化(プロシージャの分割)と考えています。
マクロを作る上で基本機能をパーツ化する事で、開発時間の削減に繋がります。

分かりやすく説明すると、エクセルの「関数」と同様です。
SUM関数であれば セル内に「=SUM(1+2+3)」と記載すれば、セルには「6」と表示されますよね。
値を渡せば正しい値で返ってくる動きです。

このコードをコピペでOK

'■全シートをシート名でCSV保存するマクロ
Public Function call_SaveCSV_WS()
    Dim fPath As String
    Dim ws As Worksheet
    
    '■現在開いているシート情報を変数に格納
    fPath = ActiveWorkbook.Path & "\"
    
    Application.DisplayAlerts = False
         
    '■全てのシートをCSV保存→CSV閉じる(新規ブック作成→コピー→保存→終了)
    For Each ws In ActiveWorkbook.Worksheets
        ws.Copy
        ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=fPath & ws.Name & ".csv", FileFormat:=xlCSV
        ActiveWindow.Close
    Next ws
    
    Application.DisplayAlerts = True
End Function

今、前面にあるブック(ActiveBook)の全てのシートを「シート名」で保存するマクロです。

使い方

上記をお好きなモジュール内にコピペしてください。
実際に使用する時は以下のような形で使用してください。

Sub test()
   ’■ActiveWorkBookの全てのシートを「シート名」でCSV保存するマクロ
   Call call_SaveCSV_WS 
End Sub

結果イメージ

シート単位で、カンマ区切りのテキスト(CSV)保存します。
画面がチラチラ点滅すると思いますが、処理をしています。
気になるようでしたら、下記の処理をいれてください。
ExcelVBAマクロ「マクロ処理を高速化する」をパーツ化する。

 

その他

商品マスタや得意先マスタなど、コンバートするケースに重宝しています。
変換した後、システムの取込エラーが出ないかチェックする為にも、
元のエクセルは開いた状態で、処理する時に助かるパーツです。

私はこのマクロを「個人用マクロブック」に保存していつでも使えるようにしています。

 

個人用マクロブックについて

通常、マクロはブック内にコードを記載して、そのマクロのみで使用します。
個人用マクロブックはエクセルさえ開いていれば、どのブックでもコード実行が出来ます。

保存先は、Excel起動用のフォルダです。
■フォルダ
C:\ユーザー\(アカウント名)\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\XLSTART
■ファイル名
PERSONAL.XLSB

PERSONAL.XLSBがない

個人用マクロブックはマクロの記録から作成が可能です。
マクロの記録からマクロの保存先を「個人用 マクロブック」にして保存してください。
■手順
新規ブックを作成し、メニューバーから「表示」→「マクロ」→「マクロの記録」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました