Selenium(Edge/Chrome)

Chromeで指定要素まで画面スクロールさせる【scrollIntoView】【Selenium】【ExcelVBA】

Chromeで指定した要素まで画面スクロールさせる

Excel VBAマクロでSeleniumBasicを使用して、自動操作する際、IE自動操作と異なり注意が必要です。
要素が見えていないとコードの途中で止まってしまう恐れがあります。
画面の最大化や指定要素までスクロール(本記事)で回避をします。

Chromeで指定した要素まで画面スクロールするサンプルコード

JavaScript(ExecuteScript)で強制的にスクロールさせるイメージです。

'■Chromeで指定要素まで画面スクロールさせる
Dim driver As New WebDriver
Public Sub sample()
    Dim tmp As String: tmp = "C:\vba"

    '■ブラウザを起動
    driver.Start "chrome"
    driver.Get "https://vba-create.jp"
    
    '■最大サイズに変更
    driver.Window.Maximize
    
    '■getElementByIdがwidget-collapscat-2-top(右下のカテゴリー欄までスクロールする)
    driver.ExecuteScript "document.getElementById('widget-collapscat-2-top').scrollIntoView()"
     
End Sub

関連記事

SeleniumBasicについて

Internet Explorer11 のサポート期限が2022年6月までと、スクレイピング自体入れ替えていく必要があります。
今一番スムーズなのはSeleniumBasicを使用したスクレイピングと考えます。

但し、VBAでのネット記事は少なく困っている方も多いと思います。
弊社で代行開発も可能ですので、お気軽にご用命ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました