Selenium(Edge/Chrome)

Selenium「Edge/ChromeでXPathを使用し要素をクリックする」【エクセルマクロ】

ExcelVBAではid、Class、Nameなどさまざまな要素を取得して
Selenium(Edge/Chrome)の自動制御が可能ですが、
XPathを使用しても要素のクリックが可能です。

XPathを使用して要素をクリックするサンプルコード

当HPの検索ボックスを例にしています。

Dim driver As New Selenium.WebDriver
Public Sub sample()
    driver.Start "chrome" 'Edgeの場合はdriver.start "edge"
    driver.Get "https://vba-create.jp"
           
    '■XPathを指定して文字(test)を検索ボックスへ反映
    driver.FindElementByXPath("//*[@id=""search-4""]/form/input").SendKeys "test"
    
    '■XPathを指定して検索ボタンをクリック。
    driver.FindElementByXPath("//*[@id=""search-4""]/form/button").Click
     
End Sub

注意点

  • XPathは、ツリー構造となっているXML/HTMLドキュメントからの要素や属性値など指定するための簡単な構文です。
    =仕様変更があるとVBAのコードが使えなくなる恐れがあります。
  • 下記のcopy XPathで取得したデータそのままでは構文エラーになる場合があります。
    ダブルクォーテーションを入力してあげる必要があります。
    コピーした文字列  →  //*[@id="search-4"]/form/button
    反映する 文字列  →  //*[@id=""search-4""]/form/button

XPathはどうやって取得する?

①Chrome→ Ctrl + Shift + I

②矢印マーク→指定したい要素をクリック。

③画面右側の開発ツールの該当要素を右クリック→Copy → copy XPath

SeleniumBasicについて

Internet Explorer11 のサポート期限が2022年6月までと、スクレイピング自体入れ替えていく必要があります。
今一番スムーズなのはSeleniumBasicを使用したスクレイピングと考えます。

但し、VBAでのネット記事は少なく困っている方も多いと思います。
弊社で代行開発も可能ですので、お気軽にご用命ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました