VBATips

ワークブックを保存せずに閉じる【SaveChanges:=False】【ExcelVBA】

ワークブックを保存せずに閉じる

非表示でブックを開いたりする際や、ユーザーに保存されたくないファイルはブックを保存せず閉じたい場合があります。
Closeメソッドの引数でSaveChanges:=Falseにするだけで、保存せずブックを閉じる事が可能です。

ワークブックを保存せずに閉じるサンプルコード

Public Sub sample()
  '■本ブックを保存せず閉じる
    ThisWorkbook.Close saveChanges:=False
 
    '■ ブック「Book1.xlsx」を保存せずに閉じる
    Workbooks("Book1.xlsx").Close saveChanges:=False

    '■ アクティブブックを保存せずに閉じる
    ActiveWorkbook.Close saveChanges:=False

    '■ワークブック変数wbのブックを保存せずにを閉じる
    wb.Close saveChanges:=False ’事前にwbにSetする必要があります。

End Sub

注意点

  • これはプログラムに限ってではありませんが、物事を実現する方法は何パターンもあります。
  • マクロ初心者の時に、ネットで調べて色々なパターンがあって困惑したことを覚えています。
  • 当方のページやサンプルコードもそうですが、解決方法の一つと理解してもらうとスムーズです。
  • その他の解決例は以下ですが、本ページのサンプルが一番シンプルと考えます。
    ・Application.DisplayAlertsをFalse
    ・Workbook.SavedをTrue

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました