VBATips

全シート「列幅」「高さ」の自動設定処理をパーツ化する【ExcelVBA】

パーツ化とは

ExcelVBAマクロ初級者からの脱却が、処理のパーツ化(プロシージャの分割)と考えています。
マクロを作る上で基本機能をパーツ化する事で、開発時間の削減に繋がります。

分かりやすく説明すると、エクセルの「関数」と同様です。
SUM関数であれば セル内に「=SUM(1+2+3)」と記載すれば、セルには「6」と表示されますよね。
値を渡せば正しい値で返ってくる動きです。

このコードをコピペでOK

'■全てのシート「列幅」「高さ」を自動設定処理する
Public Sub call_Col_Rows_AutoFit()
    Dim ws As Worksheet

    For Each ws In ActiveWorkbook.Worksheets
        '列の自動調整
        ws.Cells.EntireColumn.AutoFit
        '高さの自動調整
        ws.Cells.EntireRow.AutoFit
    Next ws

End Sub

今開いているブックの全てのシートに対して、AutoFitメソッドで列の列幅、行の高さを自動調整します。
客先へ提出物のエクセルを自動調整し、内容を全て表示する形に自動変更します。

注意点

  • 処理をする際、画面がちらついたように見えます。
  • 上記場合、Call_SpeedUpのパーツを利用し、高速化対応してください。
  • EntireColumn / EntireRow は対象セルを含む行全体/列全体を参照するプロパティです。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました