配列操作

「配列には割り当てられません」のエラーが出た場合の回避方法【ExcelVBA】

「配列には割り当てられません」エラーが出た

Array関数で代入するデータは固定長の配列には代入できません。

「配列には割り当てられません」が発生するコード

Public Sub sample()
    Dim tmp(5) As Variant '    Dim tmp() As Variantや Dim tmp As Variantであればエラー回避が可能です。
    
    tmp = Array("a", "b", "c", "d", "e")
End Sub

注意点

  • このエラーの回避は単純に指定ミスです。Array関数を再度見直ししましょう。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました