VBA開発

ExcelVBAマクロ-「エクセルブックが開いているかどうか確認する」処理をパーツ化する

パーツ化とは

ExcelVBAマクロ初級者からの脱却が、処理のパーツ化(プロシージャの分割)と考えています。
マクロを作る上で基本機能をパーツ化する事で、開発時間の削減に繋がります。

分かりやすく説明すると、エクセルの「関数」と同様です。
SUM関数であれば セル内に「=SUM(1+2+3)」と記載すれば、セルには「6」と表示されますよね。
値を渡せば正しい値で返ってくる動きです。

このコードをコピペでOK

'■ブックが開いているか求めるサブプロシージャ
Public Function call_BookOpenCheck(wbName As String) As Boolean
    Dim temp As Workbook
    
    '■■ブックが開いていない状態として保存
    call_BookOpenCheck = False
    
    For Each temp In Workbooks
        '■■指定されたブックが開いているかチェックする
        If temp.Name = wbName Then
            '■■■指定されたブックが開いていればTrueでFunctionを抜ける
            call_BookOpenCheck = True
            Exit Function
        End If
    Next temp
End Function

使い方

上記をお好きなモジュール内にコピペしてください。
実際に使用する時は以下のような形で使用してください。

    Dim wbName As String
    Dim OpenCheck As boolean

    wbName = "Book1.xlsx"

    OpenCheck = call_BookOpenCheck(wbName)

結果イメージ

  • 今開いているブックに指定したファイル名が存在していれば True
  • 今開いているブックに指定したファイル名が存在していなければ False
    の簡単な関数です。

注意点

上記が100%正解ではありませんが、求める結果がすぐにそのまま使用できます。
おいおい、マクロに慣れたら動きを理解してください。

色んなファイルを一度に複数処理する際によく使用します。

例)
・一つの売上ファイルから、売掛先単位で請求書を生成する
・ネットショップの受注データから、発注書を仕入先単位で作成する(受発注商品)

複数の売掛先(仕入先)の判断を、

  • ブックが開いていれば、開いているブックに追記処理。
  • ブックが開いてなければ、新規でブック作成後、生成処理。

と上記で判断が可能です。詳細はこちら(あいていればActivate、なければ新規ブック作成)

それ以外にも、安全確実にブックを開く方法としても使えます。
2重で間違って開かないなどエラー回避処理にも使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました