Selenium(Edge/Chrome)

Selenium「CSSセレクタを使用してEdge/Chromeを操作する」【エクセルマクロ】

ExcelVBAではid、Class、Nameなどさまざまな要素を取得して
Selenium(Edge/Chrome)の自動制御が可能ですが、
CSSセレクタを使用しても自動制御可能です。

CSSセレクタを使用してEdge/Chromeを自動操作

当HPの検索ボックスを例にしています。

Dim driver As New Selenium.WebDriver
Public Sub sample()
    driver.Start "chrome" 'Edgeの場合はdriver.start "edge"
    driver.Get "https://vba-create.jp"
           
    '■CSSセレクタを指定して文字(test)を検索ボックスへ反映
    driver.FindElementByCss("#search-4 > form > input").SendKeys "test"
     
    '■もちろん変数に格納して使用する事も可能です。
    Dim str As String
    str = "#search-4 > form > input"
    driver.FindElementByCss(str).SendKeys "test"
     
    '■データの反映だけでなくクリックも可能です。
    driver.FindElementByCss("#search-4 > form > button").Click
     
End Sub

注意点

  • CSSセレクタは、HTMLの要素を特定するためのパス情報です。
    =仕様変更があるとVBAのコードが使えなくなる恐れがあります。
  • IDのように単一の要素は上記で可能ですが、複数データを一括で取得する場合はこちらを参照。

CSSセレクタはどうやって取得する?

①Chrome→ Ctrl + Shift + I

②矢印マーク→指定したい要素をクリック。

③画面右側の開発ツールの該当要素を右クリック→Copy → copy selecter

SeleniumBasicについて

Internet Explorer11 のサポート期限が2022年6月までと、スクレイピング自体入れ替えていく必要があります。
今一番スムーズなのはSeleniumBasicを使用したスクレイピングと考えます。

但し、VBAでのネット記事は少なく困っている方も多いと思います。
弊社で代行開発も可能ですので、お気軽にご用命ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました