_基本

ソースコード内で改行をする【アンダーバー_】【ExcelVBA】

ソースコードが長くなった場合に改行をしたい

VBE(Visual Basic Editor/)でソースコードを改行したい場合があります。
長いコードを複数行に分けて記述する事でコードの可読性が上がり、入力ミスも減ります。
セル内の改行とは記載方法が異なるのでご注意ください。
(ソースコードを改行したからと言って結果は改行されません)

改行のサンプルコード

半角スペースとアンダーバー(アンダースコア)を入力する事で改行が可能です。

Public Sub sample()

    '■半角スペースとアンダーバー「 _」を入力する事でソースコードの改行が可能です。
    '■Debug.Printで出力時は改行されません。
    Debug.Print "aaa" & _
                "bbb" & _
                "ccc"

    '■文字列の場合だけでなく、コードの途中でも改行が可能です。
    If Range("A1").Value = 10 And _
       Range("B1").Value = 10 Then
          Debug.Print True
    End If
End Sub

'■プロシージャでも改行を入れて、コードを見やすくすることも可能です。
Public Function test(str As String, _
                     i As Long, _
                     var As Vaant)

End Function
                     

注意点

  • 変数名の途中や、文字列の途中では改行することはできません。 コンパイルエラーが発生します。
    改行文字を挿入可能な場所は、プログラムとして連結していなくてもよいところです。
  • 一つのコードで24個以上は改行は付与できません。25個目を挿入しようとするとでエラーが発生します。
    行継続文字(_)を使いすぎています。

関連記事

改行コードの違い「CR」と「LF」と「CRLF」
セル内で改行/MsgBox内で改行をする【vbCr/vbLf/vbCrLf】【ExcelVBA】

コメント

タイトルとURLをコピーしました