VBA開発

VBAでIE操作「IEウィンドウの各種バーの表示/非表示」

Internet Explorerウィンドウの各種バーの表示/非表示

Excel VBAマクロでIEの自動制御では、下記のようなIEウインドウの各種バーの設定変更も可能です。

  • ツールバーの表示/非表示
  • アドレスバーの表示/非表示
  • メニューバーの表示/非表示
  • ステータスバーの表示/非表示

それぞれ専用の属性が準備されていますので、True/Falseの値のみで簡単に設定可能です。

IEウィンドウの各種バーの表示/非表示サンプルコード

'■InternetExplorerウインドウの各種バーの表示/非表示
Sub sample_IE_bar_Showt()
    Dim objIE As InternetExplorer
 
    '■IEを起動
    Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
    objIE.Visible = True
  
    '■該当ページへ遷移
    objIE.navigate "https://vba-create.jp"
    Call Call_IE_WaitTime
    
    '■各種バー非表示
    objIE.Toolbar = False    'ツールバー
    objIE.AddressBar = False 'アドレスバー
    objIE.MenuBar = False    'メニューバー
    objIE.StatusBar = False  'ステータスバー
  
    '■各種バー表示
    objIE.Toolbar = True    'ツールバー
    objIE.AddressBar = True 'アドレスバー
    objIE.MenuBar = True    'メニューバー
    objIE.StatusBar = True  'ステータスバー
  
End Sub

注意点

その他

Internet Explorerを使用して、Webスクレイピングは敷居が高い風に捉えられますが、
上記のように、パーツ化して組み合わせ処理するだけです。

Web上のデータを触りたい要望は会社様でも個人様でも多いと思います。
VBA IE操作を覚えて効率化しませんか?
作成が大変であれば弊社で代行開発も可能です。お気軽にお問い合わせください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました