Selenium(Edge/Chrome)

Edgeで既存のプロファイルを使用する(ログイン状態維持する)【Selenium】【ExcelVBA】

VBAでEdge起動し、特定サイトへログインをしたい場合、毎度ID/パスワードを入力をしないといけません。

通常のサイトであれば上記でも問題ないのですが、ログイン時に画像認証やSMS認証があった場合に、
SeleniumとVBAだけでは突破が難しいです。(recaptcha等を利用してbot対策しているケースを想定)

その場合、既存で利用しているプロファイル(手動で認証済みのブラウザ)を利用して、ログインします。
SetCapabilityで"--user-data-dir="を利用して、回避します。

Edgeで普段使用している環境を起動するサンプルコード

Dim driver As New Selenium.WebDriver

'■普段使用しているEdgeを起動する
Public Sub sample()
 
    '■プロファイルパスを指定 'Edge://versionで確認可能
    Dim str As String: str = "C:\\Users\\" & Environ("USERNAME") &"\\AppData\\Local\\Microsoft\\Edge\\User Data"
    str = "--user-data-dir=" & str
    driver.SetCapability "ms:edgeOptions", "{""args"": [""" & str & """] }"
    
    '■ブラウザを起動
    driver.Start "edge"
    driver.Get "https://vba-create.jp/"
    
 
End Sub

注意点

  • プロファイルにはブラウザの様々な情報が保持されています。(cookie/閲覧履歴/ブラウザ設定情報)
  • 自身のプロファイルの確認はedge起動後、アドレスバーに下記入力で確認可能です。
    edge://version
  • 上記ページの「プロフィール パス」を利用します。当方環境では以下。(XXXXがユーザー名)
    C:\Users\XXXX\\AppData\Local\Microsoft\Edge\User Data"
    ※最後の「\Default」は不要で、User Dataまでにする必要あり。
  • 上記サンプルコードはユーザー名(UserName)はEnvirion関数で取得しています。
  • 手動で上記プロファイルのEdgeを立ち上げていた場合はエラー発生します。

関連記事

SeleniumBasicについて

Internet Explorer11 のサポート期限が2022年6月までと、スクレイピング自体入れ替えていく必要があります。
今一番スムーズなのはSeleniumBasicを使用したスクレイピングと考えます。

但し、VBAでのネット記事は少なく困っている方も多いと思います。
弊社で代行開発も可能ですので、お気軽にご用命ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました