VBA開発

【VBA一覧】「名前を付けて保存」「ファイルを保存する」に使う拡張子[XlFileFormat 列挙体]

マクロで「名前を付けて保存」「ファイルを保存する」で使用するWorkbook.SaveAs メソッド。
引数FileFormatで指定可能な定数一覧です。対応のExcelのVerは2013~です。

よく使う定数の抜粋です。全ての定数はMicrosoftのページを参照してください。

定数一覧

種類定数拡張子説明
CSVxlCSV*.csvCSV6
xlCSVMac*.csvMacintosh CSV22
xlCSVUTF8*.csvUTF8 CSV62
txtxlCurrentPlatformText*.txt現在のプラットフォームのテキスト-4158
xlTextWindows*.txtWindows テキスト20
xlUnicodeText*.txtUnicode テキスト42
エクセル形式xlWorkbookDefault*.xlsxブックの既定51
xlOpenXMLWorkbookMacroEnabled*.xlsmExcel マクロ有効ブック52
xlWorkbookNormal*.xlsExcel 97-2003 ブック-4143
xlExcel8*.xlsExcel 97-2003 ブック56
その他xlXMLSpreadsheet*.xmlxml スプレッドシート46
xlWebArchive*.mhtWebページのアーカイブファイル45
xlHtml*.htmHTML形式44

使い方

    '■xlsx形式で保存
    ThisWorkbook.SaveAs Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & "test", _
                        FileFormat:=xlWorkbookDefault
                        
    '■既に同一ファイルがある場合や上書きする場合など、警告メッセージを表示させない場合
    Application.DisplayAlerts = False
    ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=ActiveWorkbook.Path & "\" & "test", _
                        FileFormat:=xlWorkbookDefault
    Application.DisplayAlerts = True

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました