関数・メソッド

ワークシート名を変更する【Nameプロパティ】【ExcelVBA】

構文

Object.Name = expression

expression・・・ワークシート名設定・取得

WorksheetsオブジェクトのName プロパティでワークシート名変更します。
Nameプロパティはobjectに指定した名前を返します。WorkBook名を取得する際も使用します。

Object.Nameプロパティのサンプルコード

Public Sub sample()

    '■1枚目のシートをシート名「1」に変更
    Worksheets(1).Name = 1
    
    '■シート名「Sheets2」をシート名「設定シート」に変更
    Worksheets("Sheets2").Name = "設定シート"
    
    '■2枚目のシート名を取得
    Debug.Print Worksheets(2).Name  '設定シート
    
End Sub

注意点

  • ワークシート名は、半角31バイト(全角15文字)以内で納める必要があります。
  • ワークシート名は以下、禁則文字は使用できません
    コロン(:)
    円記号(\)
    疑問符(?)
    角括弧([])
    スラッシュ(/)
    アスタリスク(*)
  • ワークシート名は、既存のシート名と同じ名前は利用できません。
    (大文字/小文字、全角/半角は区別されません)
    実行時エラー '1004':アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました