VBA開発

【VBA基本】セル罫線の定数一覧(エクセルマクロ)

格子状の罫線セル罫線定数

CSVデータから帳票を生成や、報告書類を作成した場合、罫線を使用して見栄えをよくするケースは多いと思います。
その際に使用する罫線の定数を纏めています。

設定定数内容
枠線
Borders
指定なし上下左右
xlEdgeTop上側の線
xlEdgeBottom下側の線
xlEdgeLeft左側の線
xlEdgeRight右側の線
xlInsideHorizontal内側の縦線
xlInsideVertical内側の横線
xlDiagonalUp右上がりの斜線
xlDiagonalDown右下がりの斜線
罫線種類
LineStyle
xlContinuous実線(細)
xlDash破線
xlDashDot一点鎖線
xlDashDotDot二点鎖線
xlDot点線
xlDouble二重線
xlSlantDashDot斜め斜線
xlLineStyleNone無し
罫線太さ
Weight
xlHairline極細
xlThin
xlMedium
xlThick

サンプルプログラム

下記のような形でコードを作成します。

    '■A1のセルの右側のみ中の実線を引く
    Range("A1").Borders(xlEdgeRight).LineStyle = xlContinuous
    Range("A1").Borders(xlEdgeRight).Weight = xlMedium


    '■Bordersに引数がないので上下左右全て実線を引く
    Range("B2:C3").Borders.LineStyle = xlContinuous

  '■B2セルの右側のみ罫線を消去する
  Range("B2").Borders(xlEdgeRight).LineStyle = xlLineStyleNone

表全体を簡潔に格子状に罫線を引く

帳票を生成する際、よく使う罫線は格子状の「実線」だと考えます。
表全体を一括して、簡潔なコードで罫線を引く事も可能です。

サンプルコード

CurrentRegionプロパティを使用し、表全体範囲を自動で取得します。


Range("B3").CurrentRegion.Borders.LineStyle = xlContinuous

サンプル結果

注意点

CurrentRegionプロパティは表に空白があると空白前までを表と認識するので、注意必要です。どうしても空白を含んでしまうのであれば、以下ページ参照し、最終行や最終列を取得して判断するのも手です。

ExcelVBAマクロ「最終行」「最終列」の判断処理をパーツ化する
ExcelVBAマクロ-他ブック他シートの「最終行」「最終列」取得処理をパーツ化する

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました